不妊症の原因

下記の5つに分類されます。
女性の卵巣において卵胞が発育し排卵に至る過程で、脳下垂体から分泌されるホルモン(性腺刺激ホルモンFSH, LHおよびプロラクチンPRL)が重要な働きをします。この3つのホルモンのバランスがくずれることにより、排卵障害がおき、不妊となります。また、排卵した後の卵胞からは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され子宮内膜を妊娠に適した状態に保ちます。さらに、排卵後に基礎体温が高温となるのもこのホルモンの作用です。黄体ホルモンが充分に分泌されない場合には、高温期が短くなり妊娠の成立が困難となります。
排卵された卵子は卵管末端の卵管采とよばれるひだの中に取り込まれて、授精の場所である卵管膨大部へと運ばれます。子宮内膜症やクラミジアをはじめとする卵管内外の炎症、また子宮筋腫や卵巣嚢腫に対する手術あるいは虫垂炎など腸管などに対する手術の後に卵管の閉塞や癒着が生じることにより、卵管が正常に機能しなくなり、不妊の原因となります。
排卵期に性交渉により腟内に射精された精子は、子宮頸管の粘液中を泳いで子宮内に入ります。ここで、頸管粘液が少ない場合や、また抗精子抗体など精子運動を妨げる因子がある場合、精子は子宮内に入ることができず不妊の原因となります。
排卵後に卵管内で授精してから5-7日を経て、子宮内に輸送されてきた卵は、分裂を繰り返して胚盤胞と呼ばれる段階に至り、子宮内膜に着床します。この過程で子宮筋腫・子宮内膜ポリープ・子宮腺筋症などにより、着床が障害されると不妊となります。
性交渉によって腟内に射精される精子は通常約2-3億ですが、このうち子宮~卵管を通って授精の場である卵管膨大部に達することができる精子は、数10-数100程度と考えられています。最初の射出精子の数が極端に少ない場合や運動性が悪い場合は、卵管膨大部に達する精子はほとんどいないことになり、授精に至りません。

当院の不妊外来では、まずは不妊の原因を精査して、患者さんの状態に適した治療法をご提案させて頂きます。

  • 不妊症の検査の内容、一般不妊治療や人工授精については、「一般不妊治療・人工授精」のページをご覧ください。
  • 一般不妊治療でなかなか妊娠しない場合や、妊娠が困難でもあると考えられる場合は、生殖補助医療(体外受精胚移植、顕微授精など)を行うことになります。この詳細については、「採卵・体外受精・顕微授精」および「胚凍結・胚移植」のページをご覧ください。
  • 手術が必要な婦人科疾患(子宮筋腫、卵巣嚢胞、子宮腺筋症など)がある方に行う、手術と体外受精を組み合わせた包括的な治療については「ECBS」のページをご覧ください。
  • 着床前診断(PGT)をについては「着床前診断」のページをご覧ください。
  • 何度か胚移植を行っても妊娠しない場合は、着床不全(着床障害)が疑われます。詳細は「着床不全」のページをご覧ください。
  • 何度か流産を繰り返している方の診断や治療については、「不育症」のページをご覧ください。